2018-12

菊花かぶの甘酢漬け(小粒)

菊花かぶ7


かぶ丸ごとの大きさではなく、小さめにしたレシピです。今回は赤かぶを使いました。

【材料】
・かぶ  中1個
・塩   適量
☆砂糖  大さじ1と1/2
☆酢   大さじ1と1/2
☆水   大さじ2

【作り方】
1. かぶは皮をむいて、2~3cmのブロック状にする。
菊花かぶ1

2. 下3~5mmを切り落とさないように注意しながら1個1個に格子状の切り込みを入れる。
※なるべく細かく切り込みを入れたほうが広げたときに綺麗になります。
菊花かぶ2

3. かぶに塩を軽く振って、しばらくおく。
※写真のかぶの量で塩小さじ1/4くらい使いました。
※私は念のため冷蔵庫に入れます。

菊花かぶ3

4. 3で放置している間に、合わせ酢を作る。☆を鍋に入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら、火を止め、冷ましておく。
菊花かぶ4

5. 3のかぶの水分を絞り、4の合わせ酢をかけて冷蔵庫に入れて漬ける。
※数時間おくとよく漬かります。
※漬けている途中で、かぶの上下をひっくり返すと、味が染みやすくなると思います。

菊花かぶ6

6. 格子状の切り込みを入れた部分を開いて盛り付ける。



[PR]
卒園の記念に名入れができる「こども箸」

法律学習のIT革命。法律特化のオンライン予備校【資格スクエア】



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

えのきの蒸し煮

enoki3.jpg


 えのきを使った、簡単にできる副菜のレシピです。

 〇ポイントは、えのきから出る水分を利用して加熱することです。
 〇味付けは、うす味にしていますので、しっかりした味付けが好みの場合は、調味料の量を増やしてください。また砂糖を加えてもおいしいと思います。


【材料】
・えのき 1袋(200g)
・ごま油  小さじ2
・酒    小さじ1
・醤油   小さじ1
・みりん  小さじ1
・塩    少々


【作り方】
1. えのきは根元を切り落として、長さを半分に切り、ほぐしておく。

2. 鍋にごま油を入れて、なべ底全体に伸ばす。これに、えのき、酒、塩を加えて蓋をし、弱火にかける。
enoki1.jpg

※ごま油を伸ばすときは、キッチンペーパーや、えのきの根元付近を使います
enoki4.jpg


3. えのきから水分が出てきて、全体に火が通ったら、醤油とみりんを加えて混ぜ、水分が少なくなったら火を止めて完成。火にかけてから10分位です。
※途中で焦げそうであれば、混ぜたり、水又は酒を少量足したりします。
enoki2.jpg

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

大根のサラダサンド [アレンジ自在]


daikonsando4.jpg


 薄く切った大根に様々な具材を挟む料理です。
 大根に挟む野菜を変えたり、味噌を他の調味料にしたりすれば、様々な応用ができます。

〈ベースとなる作り方〉
【材料】
・大根
・人参の千切り
・味噌
・砂糖
・塩

1. 大根は皮をむいて1~3mm位の極薄い輪切りにする。そして塩を振り、ラップをして15分以上置いておく。
※塩の量は、大根の輪切り1枚ごとに少しずつかかっているくらいで大丈夫です。
※長時間置く場合や室温が高いときは、冷蔵庫に入れます。

daikonsando1.jpg


2. 味噌と砂糖を混ぜる。
※味噌と砂糖の割合は好みですが、私は1:1で混ぜています。

3. 1の大根の水分をよく絞り、キッチンペーパーで拭く。
※絞るときに折り曲げると、大根が破れてしまう可能性もありますので、円を重ねて丸い面を押すようにします。
※塩分が気になるようであれば、水で洗ってから、絞ってキッチンペーパーで拭きます。

daikonsando2.jpg

4.  大根の中心に2の味噌と人参を置き、半分に折って完成。

daikonsando3.jpg



〈アレンジ〉
例えば以下の変形が考えられます
きゅうりの千切りを加える
〇味噌と砂糖ではなく、マヨネーズ梅肉にする
ハムツナを入れる
「アボカド+海老+マヨネーズ」もおいしいかもしれません



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

フライパンと天ぷら鍋

 半年程前に、天ぷら鍋を買いました。それまでは揚げ物をする際にも、フライパンで揚げ焼きのようにしていましたが、それぞれに合った使い方の必要性を実感しました。

 例えば、フライパンで揚げ物をすると、中側は火が通っていないのに外側は焦げてしまうということがよくありましたが、天ぷら鍋ではそういうことが少なくなりました。
 油の量が足りないのかなと思っていましたが、天ぷら鍋で調理する際にも、同じくらいの量の油で揚げていますので、ポイントは鍋の厚みなのかもしれません。

 フライパンは、高温になりやすいため、食材への火の通りが早いという特徴があるようです。炒め物をする際には、フライパンを使用したほうが、野菜がシャキッとなると思いますし、魚や肉を焼くのにも便利です。弱火や強火によってフライパンの熱さが変わるのが早いため、温度調節がしやすいところが良いですね。

 フライパンも天ぷら鍋も鉄製を使っていますが、炒め物や焼き物はフライパン、揚げ物は天ぷら鍋というように使い分けています。


フライパンはこの極シリーズを使っています。

フライパン 鉄 28cm リバーライト 極 ジャパン 当店オリジナルセット【名入れ可能】

価格:7,020円
(2018/10/18 11:17時点)




天ぷら鍋はこちらのお店で買いました。

南部鉄器 天ぷら鍋20cm 及源鋳造製

価格:5,076円
(2018/10/18 11:18時点)







テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

上新粉を使った唐揚げ

karaage7.jpg

上新粉を使うと、カリッとした唐揚げができると聞いたので、作ってみました。

最初に作った時は、肉に下味をつけた後、上新粉をつけて揚げたのですが、上新粉のみだと衣が薄くなりやすかったです。小麦粉や片栗粉と比べると、さらさらしていて粉がつきにくいようです。

そこで、小麦粉と上新粉を両方つけることにしました。粉をまぜるのではなく、順番につけていく方法です。

手順は、肉に味付け→小麦粉→卵→上新粉 になります。

【レシピ】
〈材料〉
・鶏モモ肉  300g
・生姜のすりおろし 小さじ1
・醤油   大さじ1
・酒   小さじ1
・胡椒  少々
・卵  1個
・小麦粉(薄力粉) 適量
・上新粉 適量
・揚げ油 適量

1. ボールに醤油、生姜のすりおろし、酒をいれる。そこに食べやすい大きさに切った鶏モモ肉を加えてもみ込み、冷蔵庫でしばらく置く。15分から30分位。

karaage1.jpg


2. 卵を溶いて、半量を1のボールに加えてもみ込み、また冷蔵庫で15分から30分位置いておく。残りの溶き卵は衣をつけるときに使うため、冷蔵庫で保存しておく。
karaage2.jpg


3. 2の鶏肉に小麦粉をまぶす
karaage3.jpg


4. 残りの溶き卵をつける
karaage4.jpg


5. 上新粉をまぶす
karaage5.jpg


6. 油で鶏肉に火が通るまで揚げる。
※私は、鶏肉が半分位つかる量の油を使い、途中で裏返します。但し、油に面している衣がしっかり固まるまでは動かさないほうが良いです。
karaage6.jpg


完成
karaage8.jpg



ムソー 北海道産特別栽培米あやひめ使用 上新粉(200g)

価格:368円
(2018/10/13 07:18時点)







テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »