記事一覧

読書 『あしながおじさん』

あしながおじさん (新潮文庫) [ ジーン・ウェブスター ]価格:561円(2018/12/20 14:18時点) 有名な小説ですが、私は大人になるまで読んだことがありませんでした。実際に読んでみると、この世界観にはまってしまい、何度も読み返しました。至る所に伏線があり、2回3回と読むごとに楽しくなる本です。 孤児院で育ったジュディという女の子が、“あしながおじさん”の支援で大学へ行くことになり、ジュディは学校での様子を手紙であ...

続きを読む

読書『食品表示の罠』

食品表示の罠 (ちくま新書) [ 山中裕美 ]価格:842円(2018/9/26 17:16時点) 主に、食品の成分表示から受ける印象と実態の乖離、そしてそれが生じる原因について書かれています。初めて知ることが多かったです。 例えば遺伝子組換え食品の定義です。これは含有量が5%未満であるときや、意図せず混入した量が5%以下であるときはその表示が不要であったりします。「遺伝子組換えでない」と表示されている食品を選んだとしても、...

続きを読む

読書 『料理のなんでも小事典』

料理のなんでも小事典 カレーはなぜ翌日に食べる方がおいしいの? (ブルーバックス) [ 日本調理科学会 ]価格:1,144円(2018/9/16 12:02時点) 料理の雑学について、1つのテーマにつき2~3ページで解説してあります。 料理をしていると、なぜこの作り方なのだろう、この過程を省いたらどうなるのだろう、と思うことがあり、そういった根拠を知りたかったので、手に取りました。 ジャガイモは熱湯から茹でたほうが煮崩れしにくい...

続きを読む

【料理本】 『一流料理長の和食宝典 私たちへ300レシピの贈り物』

一流料理長の和食宝典 私たちへ300レシピの贈り物 (別冊家庭画報)価格:2,484円(2018/9/16 12:11時点) 複数人の料理長のレシピが載っている和食の本です。 家庭で浸透している肉じゃがや卵焼きのレシピもありますが、本格的で珍しいものも多く載っています。 この本のなかで気に入ったレシピは「いり鶏」です。味付けはみりんと醤油なのですが、それと干し椎茸の戻し汁で甘さが良い感じになり、何度も作っています。 レシピだ...

続きを読む