FC2ブログ

2017-11

シール貼り 台紙 まとめ①

モンテッソーリの教具にもある、シール貼りの台紙です。3種類まとめました。
A4で印刷すると、○は約直径1.5cmになります。

【お月見、木の実、ひまわり】

シール貼り台紙3種類(PDF)


si-ru-3shu2.jpg


→こちらのページでシール貼り台紙をまとめています





スポンサーサイト

簿記2級、3級の勉強方法②

 日商簿記2級と3級は、同じ日に受験しました。午前中に3級、午後に2級です。両方の級を同時学習していたので、勉強方法もまとめて書きたいと思います。使用した参考書は前記事を参照ください。

1.参考書を読む
 まずは「サクッとうかる~」シリーズを順に読み、途中にある確認問題も解きました。これを参考書の最後まで行ったら、最初に戻り、もう1度「読む→確認問題を解く」過程を繰り返しました。

2.問題集を解く
 合格トレーニングを2回解きました。1度目は参考書を見ながら解いていた部分もあります。解答用紙はついていますが、出版社のホームページでダウンロードも可なので、繰り返し解くことができます。

3.過去問を解く
 時間を測って解きました。

4.自分で重要事項をまとめる
 参考書をみながらパソコンで仕訳や概要をまとめました。資格試験の勉強では、自分でまとめるのは賛否ありますが、まとめる過程で理解が進んだので、行ってよかったと思っています。まとめを印刷したら、電車での移動時間などに読んでいました。余力と時間がないと難しいかもしれませんが。

5.何度も間違える箇所をルーズリーフに書き出す
 直前期に見直します

 それぞれの項目をどの程度の濃さでできるかは時間との兼ね合いです。参考書を2回読む時間がなければ、1回読んで問題集を解く過程に移った方がよいでしょう。


簿記2級、3級の勉強方法① ~使用した参考書類~

簿記2級、3級を取得したのは3年程前になりますので、現在販売されている参考書とは異なる部分があるかもしれません。

『サクッとうかる 日商3級商業簿記 テキスト』ネットスクール出版
『サクッとうかる 日商2級商業簿記 テキスト』ネットスクール出版
『サクッとうかる 日商2級工業簿記 テキスト』ネットスクール出版

 まず本屋でみたときに、学習を進める目標日数で項目が区切られていたのが気に入り、購入しました。学習期間に余裕がなかったからです。7日目標、10日目標、14日目標というようになっています。実際に読み進めてみると、わかりやすく、確認問題が随所にあるので知識の定着のためにも良かったです。後から振り返ってみると、全くの初学者が簿記の学習をするのにとても適したテキストだと思いました。私はこのテキストだから挫折せずに合格できたのだと思っています。
※今確認したところ、このシリーズは『問題集+テキスト』になっていました。


『よくわかる簿記シリーズ 合格トレーニング 日商簿記3級』TAC出版
『よくわかる簿記シリーズ 合格トレーニング 日商簿記2級 商業簿記』TAC出版
『よくわかる簿記シリーズ 合格トレーニング 日商簿記2級 工業簿記』TAC出版

 他の問題集と比べると量が多いのですが、その分、論点が網羅されていて、独学での不安要素である知識の穴を埋めることが出来ます。

『よくわかる簿記シリーズ 合格するための過去問題集 日商簿記3級』TAC出版
『よくわかる簿記シリーズ 合格するための過去問題集 日商簿記2級』TAC出版


各参考書を使ってどのように勉強を進めて行ったかは、次の記事で書きたいと思います。

熟語パズルA-3


→こちらのページで漢字パズルをまとめています


問題

※解答は下のほうにあります。
 PDFは1ページ目に問題、2ページ目に解答となっています。

熟語パズルA-3(PDF)

jukugoA3-Q.png



〈解答〉




jukugoA3-A.png




自分に合う勉強方法を探る② ~私の場合~

 前回の記事では、視覚優位と聴覚優位について書きました。私の場合は視覚優位なので、市販の参考書を読み、問題を解くといった方法で資格取得の勉強をすることが多いです。予備校の講座を利用したこともありますが、聴いても理解できないことが多く、結局テキストを読んで理解するという流れになっていたため、初めから講義は利用しない方法が確立していきました。

 そうすると参考書選びはとても重要になります。図表が多いか文章が多いか、何度も読めそうなレイアウトか等、本屋さんで実際に見比べます。図表が多いか文章が多いかというのは、どちらが良いというのではなく、あくまでもどちらが自分に合っているかです。ただし、図表を多用して内容が薄くなっている参考書も存在しますので、注意が必要です。実際に使用した参考書は各論で書きたいと思います。

 またそもそもその試験に対応した参考書が市販されていないという場合もあります・・・。このような試験はまだ受けたことがないので、今後検証できる機会があればなぁと思っています。


自分に合う勉強方法を探る① ~特性を知る~

 資格試験の勉強を開始する際、独学にするのか予備校等の講座を利用するのか迷うこともありますよね。それぞれメリット、デメリットがありますが、自分の特性、すなわち“見て”情報を理解することが得意なのか、“聴いて”情報を理解することのほうが得意なのかを知るというのが1つの判断資料になるかと思います。

 ”見て”理解することが得意な場合を「視覚優位」、“聴いて”理解することが得意な場合を「聴覚優位」といったりします。具体的には、視覚優位だと、何かを考えたり誰かと会話をしたりする際、頭に映像が浮かんできやすいです。一方聴覚優位だと、言葉で考え、会話中も言葉が浮かんできやすいです。右脳型、左脳型という分類に似ているかもしれませんね。
 視覚優位の人は聴くよりも文章を読んだ方が理解しやすいため、独学に向いているといえるでしょう。逆に聴覚優位の人は講義を聴く形態のほうが向いているといえるでしょう。

 よく資格試験の勉強では五感を使おう!と言われていますよね。ですから、視覚と聴覚のどちらか二者択一というわけではありません。しかしおおまかな自分の特性を知り、勉強方法の工夫をすることは大切だと思います。最近の予備校の講義のなかには、ネット配信されていて、繰り返し視聴できるものもあります。聴覚優位の人にとってとても良い環境ですね。一方、視覚優位の人は繰り返し聴くよりも参考書を何度も読んだり、図表にしたりしたほうが、勉強がはかどるかもしれません。

スケルトンパズル3


→こちらのページでスケルトンパズルをまとめています


問題 テーマは星座です。

※解答は下のほうにあります。
 PDFは1ページ目に問題、2ページ目に解答となっています。

スケルトンパズル3(PDF)

スケルトンQ-3




解答




スケルトンA-3

«  | ホーム |  »

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
料理 (6)
本 (3)
生活 (5)
資格試験 (14)
シール貼り (9)
パズル (13)
ぬりえ (6)
絵カード (3)
学習プリント (3)
手作りその他 (2)
プリント類のリンクまとめ (1)

スポンサーリンク

プロフィール

unju

Author:unju
パズルやプリント類を下記のホームページにまとめました。
よろしければこちらもご覧ください↓
【ひとすじ散歩道】-パズル、知育プリント、塗り絵など-
https://puzzlememo.web.fc2.com/index.html

月別アーカイブ

検索フォーム

ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ブログ村