FC2ブログ

行政書士試験の勉強方法 概論

1.予備校を利用するか独学か
 まず行政書士試験の勉強を始めるにあたって予備校を利用するか、独学かという問題があります。私は、一般知識は自信がなかったので、予備校の通信講座を利用しました。法律科目はほぼ独学ということになるでしょうか。曖昧な表現ですが、この試験の勉強を開始する前に、他の法律系資格を勉強しており、憲法、民法、商法については予備校の講座を利用していたため、ゼロからのスタートではなかったからです。ただ私の場合は、以前記事でも書いたとおり、その特性上講義を視聴しても理解できないことが多かったです。それでも講義は法律的な考え方を学ぶのに役立ったと思います。そして具体的な知識は基本書や問題集を通して学ぶといった形式なりました。行政法はゼロから独学でした。

2.参考書選び
 予備校を利用しないとなると、自分で参考書を選択しなければなりません。参考書は予備校等から出版されている試験用に書かれたものと、法律の専門家が書いた基本書と呼ばれるものがあります。私は基本書を中心に学習しました。具体的にどの本を使って学習を進めていったかは、次回以降の記事で書きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 資格を取ろう! - ジャンル : 就職・お仕事

Tag : 資格試験

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL