FC2ブログ

FP2級取得時に使用した参考書、勉強法

〈参考書と使用方法〉
 参考書を何度か読んだ後、問題集に取り掛かりました。
 通読用の参考書は2種類使用しました。1種類は主に家で学習する用で、もう1種類は分冊化して電車の中など外で読む用にしました。分冊化の方法は下に詳しく記載しました。

『みんなが欲しかった!FPの教科書 2級(AFP)』TAC:分冊化して外で読む用にしました

『最短合格 FP技能士 2級』きんざい:家での学習用にしました

・『FP技能検定2級 頻出問題集』きんざい:この問題集の難易度は本試験と同じかそれ以上に難しい気がしました。これをこなせれば必要十分だと思います。

過去問題集一般社団法人金融財政事情研究会又は日本FP協会のホームページからダウンロードできます

模擬試験


〈分冊化の方法〉
1. 参考書を1章ごとなど、きりのよいところで切り離します。
2. 切り離した部分はそのままでも良いのですが、ブックカバーのように表紙を付けました。紙はA4のコピー用紙を用いました。参考書のサイズがA4の丁度半分でしたので、コピー用紙を半分に折って、中に参考書を挟み、中心をセロテープで留めました。
 ただ、このままだとカバンから出し入れする際に、コピー用紙が破れたり折れたりすることがありましたので、コピー用紙の周りにもテープを貼り、補強しました。
 私は白のコピー用紙を使いましたが、包装紙や画用紙だとより綺麗に仕上がるかもしれませんね。好きな色や模様だとテンションもあがりそうですし。

教科書


〈FP2級を受験したときの雑感〉
 3級と比べてかなり難易度が上がるため、3級の感覚で“直前に少し勉強すればいいや”と思っていると直前になって焦る可能性があります。私も途中まで3級のイメージで学習をしていましたが、試験1カ月前に過去問を解いたところ、点数と問題文の理解できなさに危機感を覚え、そこからはかなり力を入れて勉強をしました。
 難しいと感じる理由は、聞き覚えのない用語が多くなるからだと思います。ただ問題集を解くうちに、その用語にも慣れてきますし、問題集と同じような問題も多く出題されますので、必要以上に何か特別なことをしなければならない訳ではないです。参考書を理解し、問題集を解くことが合格への鍵かなと思います。
スポンサーサイト

Tag : ファイナンシャルプランナー(FP) 資格試験

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL